2016年01月


冷たい雨です・・・。

恒例になりつつある、境内に灯る灯篭作りです。
雪があれば、準備が簡単な、バケツ型雪灯篭の出番なのですが・・・近年では、雪に恵まれません。
なので、新敷屋さんの山まで、竹を切りに行って、持ち帰っての作業です。
他に、境内を夜飾る何か良い物が有れば良いのですが、竹灯篭が続いています。
DSCN2969
昨年は、晴れて風も無く、多数の竹灯篭が設置出来ました。
でも・・・今回は、天気が悪そうです。
こうなると・・・竹灯篭の形も変えなくてはなりません・・・思案中。


はっきりしない天気ですね。

何と言う事でしょう、サザエの身が簡単に取り出せます。
この曲がり具合が、考えに考えたミソだそうです。
柄でアワビもいけます。
RSCN2972
残念ながら、一般のお店では購入出来ません。

↑このページのトップヘ